プリンター情報

エプソン EW-M752TとEW-M754Tの違い

エプソン EW-M752TとEW-M754Tの違い

EW-M752Tの後継機である、EW-M754Tが2021年11月11日に発売されました。

2021年11月現在、楽天市場でそれぞれの本体価格(最安値)を確認してみると、

・EW-M752T:38,500円(商品ページ

・EW-M754T:44,550円(商品ページ

6000円ほどの差があります。

出費を抑えてEW-M752Tを購入するか、それとも新発売のEW-M754Tを購入するべきか迷っている方もいらっしゃると思います。

この記事では、EW-M752TEW-M754Tの違いをまとめました。

EW-M752TまたはEW-M754Tの購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

基本的な仕様

エプソンの公式サイトに記載されているEW-M752TEW-M754Tそれぞれの製品の仕様を見て、表にまとめてみました。

EW-M752T EW-M754T
液晶モニター 4.3型タッチパネル 4.3型タッチパネル
印刷可能サイズ L判~A4 L判~A4
耐久枚数 5万ページ 5万ページ
コピー・スキャン 可能 可能
ファクス 非対応 非対応
インク構成 顔料1色
染料4色(独立)
顔料1色
染料4色(独立)
対応インク ケンダマ(顔料)
タケトンボ(染料)
ケンダマ(顔料)
タケトンボ(染料)
印刷速度
(L判サイズの写真)
約25秒 約25秒
自動両面印刷 対応 非対応
有線LAN接続 非対応 非対応
無線LAN接続
対応 対応
Wi-Fi Direct
対応 対応
USBケーブルで
パソコンと接続
対応 対応
スマホ・タブレット
からの印刷
対応 対応
赤外線通信で印刷
非対応 非対応
メモリーカード
を使って印刷
非対応 非対応
USBメモリー
を使って印刷
対応 対応
CDレーベルの印刷
非対応 非対応
給紙方法
前面1段カセット
背面手差し(1枚)
前面1段カセット
背面手差し(1枚)
プリンター本体の重さ
約6.3キロ 約6.3キロ

基本的な仕様はほぼ同じです。

EW-M752TとEW-M754Tの違い

エプ子
エプ子
EW-M754Tには、2つの新機能が追加されています。

自動で開く排紙トレイ

画像引用:https://www.epson.jp

前モデルのEW-M752Tの排紙トレイは手動で引き出すタイプでしたが、新製品EW-M754Tの排紙トレイは自動で開くようになりました。

自動で開く排紙トレイのメリット
  • 排紙トレイをわざわざ自分で引き出す必要がないから楽。
  • 印刷を実行する前に、排紙トレイの引き出し忘れがないか、いちいち確認する必要がない。
  • 「排紙トレイを手で引き出してください。」のエラーにイライラすることが無い。

手動で引き出すタイプは、排紙トレイを納めたまま印刷が実行しようとすると、『排紙トレイを手で引き出してください。』のエラー表示が出て、印刷が始まらないようになっています。

印刷を実行する前に必ず排紙トレイを手で引き出さなければならないので、人によっては「毎回毎回、引き出さないといけないのは面倒くさい。」と感じるかもしれませんね。

新製品EW-M754Tの排紙トレイは自動で開くので、わざわざ自分で手で引き出す必要がなく、『排紙トレイを手で引き出してください。』のエラー表示にイライラすることもありません。

初期セットアップの時点でWi-Fi接続の設定まで可能に

画像引用:https://www.epson.jp

新製品EW-M754Tは、初期セットアップを行う際に、エプソンのスマホ用&タブレット用のアプリ「Epson Smart Panel」を使うことで、Wi-Fi接続の設定まで行うことができます。

スマホのBluetooth機能をオンしておく必要があります。

Epson Smart Panelが自宅の無線ルーターのWi-Fiを検知したら、後はスマホの画面に無線LANルーターのパスワードを入力するだけ。

プリンターの液晶画面を操作するよりも簡単&短時間でWi-Fi接続の設定を行うことができます。

Wi-Fi Directの接続設定の方法はもっと簡単です。

画像引用:https://www.epson.jp

スマホ(またはタブレット)のBluetooth機能をオンにして、Epson Smart Panelを起動し、検知したプリンター名をタップします。

あとは、プリンターの液晶画面で接続の許可を行うだけで、Wi-Fi Direct接続設定が完了します。

この方法だとパスワードを入力する必要がないので、とっても簡単です。

プリンター本体のデザインがちょっとだけ変わった。(ホワイトのみ)

エプソン EW-M752T EW-M754T デザインの違い

前モデルのEW-M752Tは、液晶パネルとLEDランプの周りが黒色でかっこいいデザイン。LEDランプは白色。

対して、新製品のEW-M754Tは白色で統一されており、スッキリとしたシンプルなデザイン。LEDランプは青色に変わっています。

まとめ

ここまでの話をまとめると、

前モデルのEW-M752Tの排紙トレイは手動で引き出すタイプ、新製品のEW-M754Tの排紙トレイは自動で開くタイプ。

新製品EW-M754Tは、無線LANルーターとの接続&Wi-Fi Directの接続設定が簡単。

デザインがちょっとだけ異なる。(ホワイトのみ)

EW-M752TEW-M754Tの違いは上記の3つになります。

前モデルのEW-M752Tも使いやすくて人気あり、今なら新製品のEW-M754Tより6000円ほど安く購入することができるので、

  • 排紙トレイを手動で引き出すことにストレスを感じない。
  • 無線LAN接続の設定が簡単になったという変更点にそこまで魅力を感じない。
  • プリンターの購入予算を抑えたい。

このように思う方は、EW-M752Tがおすすめです!

新製品が発売されると、前モデルが安く購入できるようになりますが、それと同時に売れ行きが前モデルのプリンターに集中し、すぐに品切れになる傾向があります。

特に年末は年賀状シーズンなので、プリンターの需要が高まる時期です。

買うと決めた頃には売り切れてた、なんてこともあります。

EW-M752Tの購入を検討されている方はご注意ください。

  • 排紙トレイを手動で引き出さなければならないのは面倒。
  • Wi-Fiの設定はあまり得意じゃない。(苦手意識がある。)
  • 多少高くても、新しいプリンターを使いたい。

このように思う方は、新製品のEW-M754Tがおすすめです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA