無線LAN(Wi-Fi)

暗号化キーを入力して、無線LANルーターとプリンターをWi-Fi接続する設定方法

無線LANルーターの暗号化キーをプリンターに入力してWi-Fi接続する設定方法

無線LANルーターとプリンターをWi-Fi接続する方法の1つに、無線LANルーターの暗号化キー(セキュリティキー)を入力して設定する方法があります。

暗号化キーを入力する作業は少し面倒ではありますが、実はこの設定方法が最も成功しやすい手段です。

この記事はこんな方にオススメ
  • WPSボタン/AOSSボタン/らくらくスタートボタン/らくらく無線スタートボタンを使ったWi-Fi接続の設定が上手くいかなかった
  • 無線LAN自動設定が上手くいかなった
  • PINコードを入力するWi-Fi接続の設定が上手くいかなかった

①無線LANルーターのSSIDと暗号化キー(セキュリティキー)を確認する。

無線LANルーターのSSIDと暗号化キー(セキュリティキー)は、無線LANルーター本体に記載されています。

場所は、無線LANルーターの裏側だったり、側面だったり底面だったり、スライドカバーの内側であったりします。

②プリンター本体で無線LAN接続の設定を行う。

無線LANルーターのSSIDと暗号化キー(セキュリティキー)を確認したら、プリンター本体を操作して、無線LAN接続の設定を行いましょう。

各プリンターの無線LAN接続の設定の手順を表にまとめました。

EPから始まるプリンター

プリンター型番 ページのタイトル
EP-10VA 手動で設定する
EP-30VA 手動で設定する
EP-50V 手動でアクセスポイントを設定する
EP-706A 手動設定
EP-707A 手動設定
EP-708A 手動で設定する
EP-709A 手動で設定する
EP-710A 手動でアクセスポイントを設定する
EP-711A SSIDとパスワードを入力して設定する
EP-712A プリンターにSSIDとパスワードを入力して設定する
EP-713A プリンターにSSIDとパスワードを入力して設定する
EP-776A 手動設定
EP-777A 手動設定
EP-802A 手動設定
(ネットワーク補足ガイド 42ページ目~)
EP-803A シンプル設定ウィザード
(ネットワークガイド 11ページ目~)
EP-804A 詳細はこちらをクリック。
EP-805A 詳細はこちらをクリック。
EP-806A 手動設定
EP-807A 手動設定
EP-808A 手動で設定する
EP-810A 手動でアクセスポイントを設定する
EP-811A プリンターにSSIDとパスワードを入力して設定する
EP-812A プリンターにSSIDとパスワードを入力して設定する
EP-813A プリンターにSSIDとパスワードを入力して設定する
EP-879A 手動で設定する
EP-880A 手動で設定する
EP-881A プリンターにSSIDとパスワードを入力して設定する
EP-882A プリンターにSSIDとパスワードを入力して設定する
EP-883A プリンターにSSIDとパスワードを入力して設定する
EP-902A シンプル設定ウィザード
(ネットワーク設定補足ガイド33ページ目~)
EP-903A/EP-903F シンプル設定ウィザード
(ネットワークガイド 11ページ目~)
EP-904A/EP-904F 詳細はこちらをクリック。
EP-905A/EP-905F 詳細はこちらをクリック。
EP-906F 手動設定
EP-907F 手動設定
EP-976A3 手動設定
EP-977A3 手動設定
EP-978A3 手動で設定する
EP-979A3 手動で設定する
EP-982A3 プリンターにSSIDとパスワードを入力して設定する

EWから始まるプリンター

プリンター型番 ページのタイトル
EW-452A プリンターにSSIDとパスワードを入力して設定する

PXから始まるプリンター

プリンター型番 ページのタイトル
PX-435A 詳細はこちらをクリック。
PX-436A 手動設定
PX-437A 手動設定

設定が上手くいかない場合は…

「正しく暗号化キー(セキュリティキー)を入力しているのに、何度試しても上手くいかない。」という場合は、試して頂きたい対処方法が2つあります。

①無線LANルーターを再起動してみる。

無線LANルーターの不調で、無線LAN接続の設定が上手くいかないこともあります。

不調となる主な原因は熱です。

無線LANルーター本体に熱がこもりすぎると機器内の処理能力が落ち、Wi-Fiの通信速度が落ちたり、通信が不安定になってしまいます。

このとき、一旦無線LANルーターの電源を落としてしばらく休ませることによって、機器の温度が下がり、通信の不調が改善します。

無線LANルーターの再起動を行う際の注意点。

無線LANルーターの再起動を行う際に、注意して頂きたいことがあります。

無線LANルーターの電源を落とす際は、リセットボタンを押してはいけない。
必ず電源ケーブルを抜いて電源を落としましょう。
リセットボタンを押してしまうと、無線LANルーターの設定内容が全てリセットされてしまうので気を付けて下さい。

無線LANルーターの電源ケーブルを抜いたあと、すぐに差し直してはいけない。
電源ケーブルをすぐに差し直してしまうと、無線LANルーターに負担がかかるうえに、機器の温度が十分に下がりません。
1分ほど待ってから電源ケーブルを差し直して下さい。
最低でも30秒ほど待ちましょう。

電源ケーブルを差し直したら、3分ほど待つ。
電源ケーブルを差し直したあと、無線ルーターが完全に起動するまで少し時間がかかります。
3分ほど待ち下さい。

エプ子
エプ子

無線LANルーターの電源ケーブルを差し直して3分以上経過したら、無線LAN接続の設定を行ってみましょう!

もしも、ルーターを再起動したあとも無線LAN接続の設定が上手くいかない場合は、次の②の対処方法も試してみて下さい。

②プリンター本体のネットワーク設定を初期化してみる。

私自身が過去に実際に試して上手くいった方法です。

プリンター本体のネットワーク設定を初期化する操作を行い、一旦まっさらな状態にしたうえで、改めて無線LANルーターの暗号化キー(セキュリティキー)を入力すると無事に設定が完了したことがありました。

各プリンターのネットワーク設定を初期化する操作手順を別記事にまとめましたので、必要であれば参考にしてください。

プリンター本体のネットワーク設定を初期化する操作手順
プリンター本体のネットワーク設定を初期化する操作手順過去に私自身が無線LANルーターとプリンターのWi-Fi接続が上手くいかずに困っていたときに、一旦プリンター本体のネットワーク設定を初期...

 

ABOUT ME
エプ子
エプソンのファン歴およそ8年。 1番のお気に入りのソフトはEpson Photo+です。 エプソンのプリンターに関連する情報を発信します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA